「平和への希求」のシンボルとして平和の森公園に建つ平和像。この像は女神を中心にボールを手にする女の子、本を読む男の子のブロンズの群像で、昭和26年(1951)に長岡出身の彫刻家・廣井吉之助が制作したものです。

像の建立は、昭和25年から新潟県教職員組合が中心となり、長岡市が後援するかたちで進められました。そして、長岡平和像建設委員会が組織され、募金活動を開始しました。募金は順調で、152万円余りが集まりました。設置場所も長岡駅前広場に決まり、昭和26年11月3日に除幕式が行われました。

平和像はその後、昭和49年に駅前広場の拡幅整備のため悠久山公園に移転、昭和59年には明治公園に移り、そして平成8年に現在地の平和の森公園に設置されました。高さ約1.7メートルの女神像の中には、銅板に刻まれた「昭和20年8月1日長岡市戦災学徒名簿」が納められています。

平和の森コンサート 2017年7月31日(月)まで、あと 日です。

ライン


ライン

長岡で平和を祈念しコンサート開かれました。

 1,480人が犠牲になった長岡空襲から8月1日で71年となるのを前に、長岡市で7月31日、「平和の森コンサート」が開かれました。多くの人が猛火から逃げ込み、息絶えた柿川沿いにある平和の森公園で、約1,000人が音楽を通じて世界平和を祈りました。  コンサートは悲劇を風化させず平和を考えようと、市民らでつくる実行委員会が毎年開いています。  


ライン

お問い合わせ先
住所 : 平和の森コンサート実行委員会
〒940-0051 新潟県長岡市西神田町1丁目4−4
           田中 喜作
TEL/FAX :0258-32-2992
QRコード :短縮URL : 
http://p.tl/P_R3


ライン




inserted by FC2 system